近距離 引っ越し 費用

近距離の引越しを相場より安い費用にする方法

近距離の引越しを格安に

引越しが近距離で荷物が少ないと、正直どうしようか迷いますね。
・新居が近い
・大きな荷物がない

こんな場合は自分で運んでしまうこともできます。

 

しかし、新居が離れていたり大きな家財があったりする場合は、

 

やはり、近距離の場合でも引越し業者に依頼しましょう。

 

最近は単身引越しパックで決められたコンテナ内に収めると料金が一律なんているプランもありますね。でも「それって本当に安いのですか?」と聞かれるとわからないのです。

 

だからこそちゃんと見積もりを取りましょう。
最近はインターネットやスマートフォンから簡単に見積もり依頼ができます。

しかも一度に何社も見積もりが取れるので安い業者はすぐにわかります。

コンテナパックと通常の引越し、どちらが安いかわかってから契約するといいですね。
長距離引越しは料金が高いのですが、日付指定が出来ない代わりに格安で荷物を運んでくれる混載便などもあります。
いろいろなプランの中から自分の希望に合った引越し業者を選んでくださいね。

 

一括見積

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの大まかな手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はとにかく忙しいので、先に大まかな手順を知っておくのがオススメです。

 

引越しが決定になったら、まずは管理会社に退去することを連絡して、次に新居探し、最後に引越し業者に見積もりを取ります。

 

なぜ管理会社が先かというと、次の入居者を探す準備を始めなければならないからです。
入居するときに、「退去の時は〇ヶ月前に連絡すること」という契約を交わしています。

 

引越し業者を早く決めたいところですが、新居の条件がわからないと詳しい引越し費用を計算することが出来ないのです。
そういうわけで、まずは新居を決めてください。

 

荷造りは季節外れの洋服や普段はあまり使用しないものからダンボールに梱包してください。
実は不用品を新居に運ぶにも費用がかかりますから、引越しの前に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、引越し2週間前に役所関係に書類を提出しましょう。転出届は絶対にお忘れなく。
そして郵便物が新居に転送されるように手続きしましょう。

 

電気・ガス・水道・ネットなどのインフラ会社にも引越しすることを連絡します。引越し当日までの料金を精算する方法を聞いておきましょう。
精算方法は各会社によって違うので、問い合わせてくださいね。

 

引越し当日、荷物や家財の運搬は引越し業者が行いますから、あなたは家具や家電の配置を指示してください。

 

実は引越し業者が運べないものがいくつかあります。
貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運びましょう。

 

引越し日か翌日、作業の合間をぬってご近所へ挨拶に行きましょう。

 

役所への手続きは引越し後2週間以内に行います。
市内引越しの場合は転居届・市外引越しの場合は転入届を新居に最寄りに役所に提出してくださいね。

 

郵便物の転送は1年間だけのサービスですから、住所変更が必要な免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに連絡するのを忘れないで下さい。

 

 

引越し業者の約束事

 

引っ越しの約束事

 

標準引越運送約款とは、不特定多数の利用者の契約を処理するためあらかじめ定型的に定められた契約条項の事を言います。もう少し砕いて言いますと、引っ越し業者には、お客様との間において守らなければならない規則が定められている、と言う事です。これはどこの引っ越し業者も定めるべき条約で、国の機関の国土交通省が国土交通省告示に定められているものです。引っ越し業者によっては独自の約款を定めている所もあります。それぞれ記載内容が異なりますので、良く確認しましょう。独自の約款でも認可されている所もあります。もし約款を提示しない、若しくは内容が不当だなどの場合は、値段的に魅力があっても断るようにしましょう。後々トラブルになった時に損をするはめになります。標準引越運送約款は引っ越し業者の見積書の際に提示されます。見積書の裏面に書かれているものがそれです。

 

標準引越運送約款の内容をいくつか記載します。

 

見積書について。引っ越し業者が発行した見積書は原則無料です。下見を行った場合はそれに費やした費用を請求することがあります。ただ、その際は事前にお客様の了承を得る事が条件です。この時点で引っ越し業者が定めている約款を渡されます。

 

荷物について。引っ越し業者は、現金?通帳?キャッシュカードなどお客様が携帯する事が出来る貴重品は、受け取りを拒絶することが出来ます。灯油?ガソリン?危険物なども同様です。見積もり時にお客様から申告されない荷物は、運送に適する設備がない場合も断る事が出来ます。

 

荷造りについて。お客様の不適切な荷造り?梱包作業等は、引っ越し業者側から適切な荷造りの要求が出来ます。
解約手数料について。引っ越し前日にお客様から解約を言い渡された場合、引っ越し料金の10%が解約手数料として請求することが出来ます。引っ越し当日にお客様から解約を言い渡された場合、引っ越し料金の20%が解約手数料として請求する事が出来ます。

 

補償について。引っ越し業者のスタッフが荷物の破損・紛失等を起こした場合、引っ越し業者は損害賠償の責任を負います。ただし、保管又は運送に関して注意を怠らなかったと証明できた場合は除きます。

 

東京 引越し業者 安い 自動車保険 おすすめ 安い 冷蔵庫 引っ越し 自分で 引越し 費用 相場 引越し業者 山口 安い